【浅草】《2020年》カゴ入りの紫陽花が買える!浅草の名所”長國寺のあじさい祭り”!アクセスは?

 

 

6月は”あじさい”の季節です。

 

都内にはあじさいのスポットはいくつかありますが、浅草にも有名なお寺があるんです。

 

 

それが「浅草酉の寺 長國寺」です。

 

浅草の北側に位置し、各駅からはあまり近くありません。

 

 

しかし、毎年あじさいの季節にはとても賑わうお寺です。

 

 

 

長國寺ってどこにある?

 

 

 

長國寺は浅草の北側に位置しています。

 

この近辺には観光名所はほぼないので、訪れたことのない方がほとんどだと思います。

 

 

★アクセス

・東京メトロ 日比谷線「入谷」駅 徒歩15分
・東京メトロ 日比谷線「三ノ輪」駅 徒歩8分

・つくばエクスプレス「浅草」駅 徒歩10分

 

・東京メトロ 銀座線「田原町」駅 徒歩25分

・JR山手線「鶯谷」駅 徒歩35分

 

どこの駅からも近いわけではないです。

 

その中でもまあ近いのは「日比谷線」か「つくばエクスプレス」です。

 

 

浅草観光ついでに立ち寄るのなら、浅草寺経由でも可能ですが、とても近いというわけではありません。しかし、この周辺には他に見どころがないので、浅草観光ついでに行くのが一番おすすめです。長國寺はそう広くないので、ここだけに行くと物足りないと思います。

 

 

こちらもおすすめ♫

 

「酉の市」発祥のお寺”長國寺”!

 

 

長國寺は1630年に石田三成の遺子である「鷲山寺13世の日乾」が開山したお寺です。

 

当初は鳥越町にあったのですが、1669年に現在の台東区千束に移転しました。

 

 

 

そして何より有名なのが、「浅草酉の市」です。

 

長國寺は酉の市の発祥のお寺なんです。

 

 

 

 

酉の市というと、すぐ近くにある「鷲神社」が有名ですが、

 

明治初年の神仏分離令により「長國寺」から分離したできたのが”鷲神社”です。

 

 

というわけで、もともとは長國寺が酉の市の発祥だったというわけです。

 

 

★神仏分離令

神仏分離とは、神と仏、神社と寺院などをはっきりと区別させるということ。明治元年に出された通達などにより、全国的に行われた政策のこと。

 

 

2020年はどうなる?開催か?中止か?

 

 

 

長國寺のあじさい祭りは、毎年6月下旬頃に行われます。

 

 

今年の年明けに公式HPは更新されていますが、その後の更新はありません。(2020.5.30日現在)

 

 

コロナウィルスの影響で中止になる可能性もありますが、

現段階で発表されいる日程は以下の通りです。

 

 

★「いきいき浅草 あじさい祭り 2020」

【日程】

・2020年6月20日(土) 12:00-19:00

・2020年6月21日(日) 10:00-17:00

【主なイベント】

・薬膳きゅうり汁(夏バテ予防に効果的!)

・甘茶香(あじさいの葉を使用しています。)

・出店

・あじさい守り(あじさいの花の形のお守り)

・ほうろく灸祈祷会(頭のツボにお灸をそえる!)

 

 

境内がせまいので、イベントといっても大きなものではありません。

 

出店は町内会のお祭りでよくあるようなもので、そんなに多くはないです。

 

 

 

境内はとても狭い!

 

 

 

長國寺の境内はとても狭いです。

 

 

あじさい祭りといっても、敷地が狭いので、咲いている紫陽花を見に行くというよりは、

 

「あじさいの鉢植えを買いにく場所」です。

 

 

 

 

本当にこじんまりとしたお寺なので、自然に生えているあじさいは少ししかありません!

 

ほとんどがこんな感じで鉢植えのあじさいです。

 

 

 

 

 

毎年100種類ほどのあじさいが展示されます。

 

鉢植えのものですが、珍しい種類が多くとてもきれいでした。

 

 

 

 

 

ここに展示されているあじさいも購入可能です。

 

鉢植えの値段は3000円〜1万円ぐらいでした。種類や大きさによって金額が大きく違います。

 

 

 

 

 

同じ種類のものはあまりないので、

 

たくさんの種類を見たいなら初日に行くのがおすすめです!

 

 

どれも商品なので売り切れてしまうと、あじさいの種類が減ってしまいます。

 

 

 

吊りカゴ入りの紫陽花が買える!

 

 

 

 

そして、長國寺では「吊りカゴ入り」のあじさいが買えるんです。

 

通常あじさいは鉢植えに入ったものがほとんどです。

 

 

ここでは風情のあるカゴ入りのあじさいが買えるんです。

 

吊りカゴ入りのあじさいが買えるのは浅草だけなんだそうです。

 

 

あじさいのイベントには過去に沢山訪れましたが、カゴ入りのものはここでしか見たことがありません。

 

 

 

 

 

すだれとあじさいの相性が素晴らしく、風情があってとてもきれいでした。

 

 

個人的には天然のあじさいが好きですが、こういうのもありかなと思いました。

 

あじさいはお寺や神社に生えていることが多い植物ですが、

 

和風のイメージはない植物だったので、とても新鮮に感じました。

 

 

 

 

昨年はこの時期に雨が少なかったので、あじさいの状態はそんなによくありませんでした。

 

ここではほとんどが売り物なので、テントのしたに陳列されています。

 

 

天然のあじさいだと雨の日に行った方が美しく見える花ですが、

 

長國寺のあじさいは天然のものがあまりないので、晴れている日でもきれいに管理されています。

 

 

 

規模は小さいけど楽しめる!

 

 

 

他のあじさいイベントと比べると規模は小さいです。

 

天然に生えている美しさで言えば、「高幡不動」のあじさい祭りがとても素晴らしいです。

 

 

ひと山すべてがあじさいなので、あじさいの種類が多く、本当に見応えがあります。

 

たくさんのあじさいを楽しみたいなら、高幡不動がおすすめです。

 

 

あじさいを気軽に楽しみたいなら、長國寺でも十分に楽しめると思います。

 

 

 

高幡不動についてはこちらから♫

 

 

 

あじさいブルー(青色)鉢植え 籐かご付き【花 ギフト】

価格:3,300円
(2020/6/1 16:51時点)

 

tomo

旅と登山が好きです。以前は旅の方が好きでしたが、今は山中心の生活をしています。晴れた週末は基本的に山にいます。百名山を踏破するのが目標です。旅ではヨーロッパに行くことが多く、今まで16か国に訪れました。

あわせて読みたい