【夜行バス】東京から0泊2日で行く”北陸・金沢旅行”!プールが有名な21世紀美術館!

ずっと行きたかった場所のひとつに金沢21世紀美術館がありました。夜行バスで金沢に到着し、金沢城公園と兼六園をまわりました。その後に訪れたのがこの美術館です。金沢城公園兼六園については他記事をご覧ください。

 

 

とてもモダンな美術館です。様々な媒体で紹介されている有名な美術館です。平日の10時頃に行ったので、まだ空いていました。土日はとても混むところなので、早い時間がオススメです。

外にも様々なものが展示されています。子供も喜びそうなものが沢山あります。

21世紀美術館で最も有名なのはこのプールです。レアンドロ・エルリッヒというアルゼンチン出身のデザイナーが造ったものです。

どうなっていると思いますか?これがプールの中なんです。

プールの上にいる人が見えます。

プールの上です。上から見ると奥底にまで水が入っているように見えます。

人がこんな風に見えます。実際にはガラスの上に10cmの水が入っているだけです。不思議ですよね。実際に目で見ても不思議でした。人間の視覚や感覚って不思議です。少し前に心理学でも学んだのですが、錯覚ってとても不思議だなと思います。

美術館なのでいつでも企画展をしています。時期により内容は変わります。すべてを見学しても所要時間は1時間あれば十分でした。館内にはミュージアムショップもあります。おしゃれなものが多くて面白かったです。

この美術館はひとつ注意点があります。それはハンドバッグのような、本当に小さなバッグしか持ち込みができないことです。展示室に入る前に、荷物はすべてコインロッカーに入れる必要があります荷物を取り出すときにお金は戻ってくるので実際には無料です。これぐらい大丈夫だろうという大きさでも、ここでは不可なので注意が必要です。私は財布と携帯だけを持ち歩きました。

 

早朝に金沢に到着して、金沢城公園、兼六園、21世紀美術館をまわりました。どこも所要時間は1時間ほどでした。美術館を見終えた時点で時刻はまだ11:00でした。東京に帰るのは深夜になるので、まだまだ時間がありました。

 

旅行記はまだまだ続きます。

 

 

アクセス


JR金沢駅よりバスで10分。路線バス、城下まち金沢周遊バス、まちバス、兼六園シャトルなどのバスで行くことができます。金沢駅からは徒歩で2km程度なので歩いていくことも可能です。

 

金沢21世紀美術館


営業時間:展覧会ゾーン:10:00〜18:00/交流ゾーン:9:00〜22:00

休館日:月曜日、年末年始

入館料:入館のみは無料。展覧会ゾーンに入る場合にはチケットが必要。

 

 

 

にほんブログ村 旅行ブログ 女性世界一周へ
にほんブログ村

 

tomo

旅と登山が好きです。以前は旅の方が好きでしたが、今は山中心の生活をしています。晴れた週末は基本的に山にいます。百名山を踏破するのが目標です。旅ではヨーロッパに行くことが多く、今まで16か国に訪れました。

あわせて読みたい