【東京から日帰り登山】《温泉》日の出山から行ける!”生涯青春の湯つるつる温泉”!バス停はどこ?行き方は?

 

登山の後の楽しみのひとつに温泉があります。奥多摩オススメの温泉のひとつに”つるつる温泉”があります。御岳山経由での日の出山からの下山ルートから行きやすいのがポイントです。登山後はもちろんのこと、それ以外の方にもとても人気で家族連れもたくさん見かけます。

 

奥多摩の記事はこちらから♫

 

つるつる温泉ってどこにある?

JR五日市線の武蔵五日市駅から西東京バス「つるつる温泉」行きで約20分
日の出山からの下山では徒歩約1時間

 

(出典:つるつる温泉)

 

【バス会社】西東京バス

【行先】武蔵五日市駅〜つるつる温泉

【本数】1時間1本

【運賃】410円 (つるつる温泉〜武蔵五日市駅)

【所要時間】20分

 

 

武蔵五日市駅〜つるつる温泉は機関車バス!

この路線はなんと機関車バスなんです!いつ訪れても同じバスなので、常にこのバスが運行しているのだと思います。なぜ機関車なのかは分かりませんが、子供はもちろんのこと大人も喜ぶデザインです。車内もとてもレトロで素敵です。

 

運転席と座席は車両が異なります。そのため運転席は座席からは見えません。乗っている最中は気づかなかったのですが、降りる時にドアの近くに乗員がいました。運賃の支払いの案内をしてくれます。とは言ってもほとんどの人がSuicaやPASMOでの支払いなので、案内の必要性は特別ありません。

 

 

食事だけでも利用できる!

温泉はもちろんですが、こちらはお食事だけでの利用も可能です。敷地が意外と広いので、大広間もゆったりとした造りになっています。平日は人が少なく、とてもゆったりと過ごすことが可能です。

 

こちらは”とろろ定食”です。とても素朴なメニューですが、シンプルでヘルシーなので個人的にはとても好みのものでした。最新の写真ではないので、今は変わっているかもしれません。定食、丼もの、うどんやそばなどの麺類など、一般的なメニューがあります。

 

和風と洋風のお風呂がある!

 

お風呂は和風”美人の湯”洋風”生涯青春の湯”があり、日によって男女の入れ替えをします。温泉水は毎日入れ替えをしているそうなので、安心して楽しむことができます。

訪れたのは平日の夕暮れだったので、とても空いていてゆったりと入ることができました。先日は休日に入口まで足を運びましたが、家族連れが来ることが多く、休日はそれなりに混んでそうな雰囲気でした。

 

 

生涯青春の湯 つるつる温泉


【住所】東京都西多摩郡日の出町大久野4718

【電話番号】042-597-1126

【営業時間】10:00-20:00(温泉)/10:00-19:00(食堂)

【定休日】毎月第3火曜日

【入館料】

・大人860円(3時間)/小学生430円

・3時間を過ぎると1時間につき220円追加料金がかかります。(大人のみ)

 

 

 

 

tomo

訪れた国は16カ国(ヶ所)。ヨーロッパを中心に旅をしています。日本国内は31都府県に訪れました。登山も趣味で東京近郊の山を登っています。登山歴は4年目です。

あわせて読みたい