【御朱印】《梅の名所》もうすぐ満開!見頃はいつ?梅が有名な”湯島天満宮(湯島天神)”!

春めいてきた今日この頃。この時期に見頃を迎える花というと梅です。まだ御朱印をもらっていなかったのもあり、湯島天満宮(湯島天神)に行ってきました。場所は上野駅からほど近い湯島にあります。梅の名所として江戸時代から親しまれている神社です。

 

湯島天神は春日通りに面した分かりやすい場所にあります。入り口には梅まつりの提灯が飾られていました。2019年の梅まつりは、2019年2月8日~3月8日まで開催されています。

境内にはたくさんの花見客で賑わっていました。天気も良く暖かかったので、花見日和でした。

たくさんの種類の梅が植えられていました。2019年2月21日現在ではまだ2~3分咲きといったところでした。暖かくなってきたので、満開になる日もそう遠くないことでしょう。

近くことはできないのですが、鉢植えの梅も飾られていました。日本の花見というと桜が浮かびますが、桜とは違った魅力があるのが梅です。桜は華やかで存在感もある花ですが、梅は愛らしくて和風な魅力のある花です。

参拝には長蛇の列ができていました。平日でも混んでいたので、土日はとても混雑することでしょう。行かれる方は時間を考えて行った方がいいかもしれません。上野に近いので、お出かけついでに行きやすい場所なんですよね。

満開ならとてもキレイそうなのですが、今はまだこんな感じです。行くのが早すぎたかなと感じました。花の見頃はむずかしいです。まだと思っていると見頃を終えてしまったりします。

人が多いので写真を撮るのが難しかったです。この周囲に人がたくさん座ってるんです。境内は小さな庭園のようになっていました。こじんまりとしているのですが、とても雰囲気のある神社でした。

ピンクも素敵ですが、白も好きです。梅の品種については詳しくないのでわかりません。

しだれ梅も素敵です。でも、まだ咲き始めでした。満開が楽しみです。

梅の香りがして、春らしさを感じました。敷地がそう広くはないので、さっと見ることができます。あまり時間がなくても立ち寄りやすい広さでした。

敷地は広くはないものの、本当に梅の木しかありません。梅まつりということで、境内には沢山のお店が出ていました。屋台はやっていないところが多かったのですが、平日だったからだと思います。また、湯島天神は学問の神様としても知られています。学問成就のコーナーも特設されていました。これから受験を迎える方にはオススメの神社です。

約300本の梅の木があるそうです。境内だけではそんなにあるようには見えなかったのですが、神社の外にも梅林がありました。そちらは日当たりが悪く、まだ蕾の段階でした。

境内に入ってすぐのしだれ梅です。

一番きれいだった梅の木です。満開ではなかったものの、とても見応えがありました。写真を撮っている方が多かったです。梅ってたくさんの種類があるんですね。

梅まつりの期間中は、土日にはたくさんの催しものがあるそうです。その時間に行くのも面白そうです。

この近辺には和菓子屋さんもいくつかあり、列ができているお店もありました。桜餅やあんみつをお土産に買うのも楽しそうです。

まだ見頃ではなかったのですが、とても楽しめた梅まつりでした。神社の雰囲気もとてもいいので、毎年訪れたい神社だと感じました。梅まつり期間中は、御朱印に梅まつりのスタンプが押してもらえます。限定物を集めるのも面白いと思います。

 

 

アクセス


銀座線・上野御徒町駅から徒歩10分弱。上野駅から徒歩20分弱。近いようで上野からは意外と歩きます。

 

 

湯島天満宮(湯島天神) 梅まつり


開催日:2019年2月8日~3月8日

入園時間:8:00-19:30

 

 

 

にほんブログ村 旅行ブログ 女性世界一周へ
にほんブログ村

 

 

 

 

tomo

旅と登山が好きです。以前は旅の方が好きでしたが、今は山中心の生活をしています。晴れた週末は基本的に山にいます。百名山を踏破するのが目標です。旅ではヨーロッパに行くことが多く、今まで16か国に訪れました。

あわせて読みたい