【御朱印】《梅の名所》もうすぐシーズン!”亀戸天神社の梅まつり”!アクセスは?

雪も降らないままに、今冬も終盤を迎えています。そうなると真っ先に思い浮かぶのが梅の花です。梅の名所は都内にも沢山ありますよね。今回は亀戸天神社をご紹介します。

 

亀戸天神社はスカイツリーにほど近い、江東区の亀戸にある神社です。菅原道真を祀っている神社で、本社は太宰府天満宮です。

ひっそりとした亀戸にある存在感のある鳥居です。

毎年2月半ば頃に梅の見頃を迎えます。

たくさんの木々が春の美しさを感じさせます。花の名所めぐりは好きなのですが、花の種類まではわかりません。

神社は季節を問わず楽しめる場所なのですが、花が咲き乱れる春はさらに楽しみが増えます。四季折々の美しさを感じることのできる日本は、とてもすてきな国だなといつも思います。

亀戸天神社からはスカイツリーが眺められます。スカイツリーから徒歩でもそう遠くはありません。この場所から写真を撮っている人も多かったです。

池の周囲に梅が植えられています。この時はすでに見頃を終えていました。花の見頃はタイミングがとても難しいです。

梅と藤が有名な神社です。藤の花が咲いている時期には訪れたことがありませんが、とてもきれいなことでしょう。

まだ寒い時期に咲き乱れるのが梅です。桜と違い、気づくと満開を終えていたりします。訪れるなら早めの計画がオススメです。

敷地は意外と広いです。池などもとてもきれいなので、参拝がてらのんびりするのが楽しいと思います。他に大きな観光地がある地域でもないので、神社を堪能することがオススメです。

日本人は海外に憧れを抱く人が多いのですが、こういう風景に出会えると日本の素晴らしさに気付かされます。どの国にも魅力はあります。

梅の花の色鮮やかさが春の訪れを感じさせてくれました。神社にもよりますが、梅まつりの時期は、季節限定の御朱印がもらえたりします。ここ亀戸天神社でも、梅まつりの御朱印をもらうことができました。

桜とは違う魅力のある梅の花です。

梅まつりの時期はとても混んでいます。都内には沢山の梅の名所がありますが、亀戸天神社は梅の花がとても有名です。私もずっと行きたいと思っていて、やっと行けた場所でした。梅まつりは桜の花見とは違い、誰もが訪れるものではないので、混んでいると言ってもそうでもありません。

池もあり、こうした橋もあるので、とても楽しめる神社です。花の季節じゃなくても楽しそうです。

住宅街にあるので不思議な感じもします。この近辺には和菓子屋さんなどが立ち並びます。そちらに関しては別記事にしたいと思います。

2019年の梅まつりは、2月10日〜3月10日に開催されます。見頃の時期は毎年変わるので、チェックしてから行ってくださいね。

 

 

 

アクセス


総武線亀戸駅から徒歩15分、錦糸町駅から徒歩15分。

 

 

 

亀戸天神社


住所:東京都江東区亀戸3丁目6番1号

電話番号:03-3681-0010

詳細は下記HPをご覧下さい。

 

 

亀戸天神社のすぐ近くにある船橋屋。葛餅の名店です。

 

 

 

にほんブログ村 旅行ブログ 女性世界一周へ
にほんブログ村

 

 

 

tomo

訪れた国は16カ国(ヶ所)。ヨーロッパを中心に旅をしています。日本国内は31都府県に訪れました。登山も趣味で東京近郊の山を登っています。登山歴は4年目です。

あわせて読みたい