【東京から日帰り登山】《梅の名所》今が見頃!満開の梅を見るなら”筑波山の梅林”!混雑状況は?

筑波山は百名山として知られていて、初心者向けの山としてもとても人気の高い山です。そんな筑波山ですが、実は梅が有名なのをご存知ですか?そんな筑波山に2年ぶりに足を運びました。

筑波山梅林では梅まつりが開催中です。

筑波山の麓にある筑波梅林です。筑波山登山では筑波神社から登るルートが人気ですが、梅林はその左側にあります。バス停から徒歩数分のところにあります。

林道を歩いていくとやっと見つけられるわけではなく、最初から梅林がはじまります。駐車場やバス停から近いので、とても行きやすいところにあります。

満開になりそうな日を選んでいきました。ちょうど数日前に満開という情報がありましたが、本当に見頃でした。至るところが梅だらけです。【2019年3月9日現在の写真です】

歩き疲れるほど広くはないですが、ここまで多くの梅が咲いている場所はそう多くないでしょう。見渡す限りすべてが梅です。

様々な梅が植えられています。梅は写真に撮るとあまり美しく見えないのですが、実際は本当にきれいです。桜の優雅さとはまた違う魅力が梅にはあります。

梅林の上の方に四阿屋がありました。そこから見える景色です。梅林一面を見渡すことができるので、ここから見るのがオススメです。奥の方といっても入り口から10分弱でいくことができます。

紅梅もとても素敵です。梅にもいろいろ種類がありますよね。

こういう花々を見ると春が楽しくなります。筑波は登山以外にもこういう楽しみがあるので本当にオススメです。都心からも近いので電車でも簡単にいくことができます。今は梅まつりが開催されているので、お土産屋さんなども出ていました。梅関連のものも多かったです。梅羊羹、梅ソフト、梅酒などたくさんありました。

満開で土日だったせいもありますが、バスが非常に混んでいました。行きは出発15分弱前に筑波駅のバスターミナルに着いてたのですが、すでに長蛇の列ができていました。臨時便を出してくれたのでなんとか乗ることができましたが、1台では不可能な人数でした。

そして帰りです。昼過ぎにはまだそんなに混んでいなかったのですが、15時すぎに筑波山神社入口のバス停に行ったところかなりの列ができていました。人数はわかりませんが少なくともバス2台では不可能な人数でした。実際に4台目ぐらいでやっとバスに乗ることができました。1時間以上待つことになりました。梅まつりの影響で道路が非常に混んでいたらしく、バスが遅れて到着したのも理由です。そのため増便がでるかどうかも分からない状況でした。筑波山から筑波駅まではバスで約40分かかります。他に交通手段もありません。なので帰宅には時間がかかることを視野においていた方がいいです。

私は筑波山を登った後に梅林にいきました。バスのことさえなければ時間的に余裕があるので、どちらも楽しむのがオススメです。

 

 

アクセス


筑波駅からつつじヶ丘行きバスで約40分。筑波山神社入口・下車。

 

 

筑波山 梅まつり


期間:2019年2月16日~3月21日

場所:筑波山の麓

詳細は下記HPでご覧ください。

 

 

 

 

にほんブログ村 旅行ブログ 女性世界一周へ

にほんブログ村

 

 

  

tomo

旅と登山が好きです。以前は旅の方が好きでしたが、今は山中心の生活をしています。晴れた週末は基本的に山にいます。百名山を踏破するのが目標です。旅ではヨーロッパに行くことが多く、今まで16か国に訪れました。

あわせて読みたい