【フィンランド観光】トナカイとサンタさんに会える!ロヴァニエミの”サンタクロース村”!所要時間は?

フィンランドというと思い浮かぶのはなんでしょうか。

寒い国?雪国?トナカイ?そして、サンタクロースではないでしょうか。

 

フィンランドはサンタクロースの出身地という説があるんです。

 

 

アメリカに伝わったサンタクロースですが、当初はその故郷は北極と考えられていました。しかし、その後、フィンランドという説が濃厚になったそうです。実際にフィンランドではラップランド東部の町であるコルヴァトゥントゥリを、サンタクロースの住処と宣言しているそうです。

本当のところはわかりませんが、サンタクロースがフィンランドに関わりのあることには間違いないようです。

 

 

北極圏”ロヴァニエミ”ってフィンランドのどの辺にあるの?

 

ロヴァニエミは首都であるヘルシンキから835kmのところにあります。

 

土地勘がないと地図で見ても実感は湧きませんが、ヘルシンキからは決して近くはありません。日本でいうと、東京から約800kmのところにある町は北は札幌、西は福岡です。そう考えると、ヘルシンキからいくのは簡単なことではないですよね。それぐらい距離のある場所にあるのがロヴァニエミです。

 

そして、ロヴァニエミはラップランド地方の中心都市で州都です。1944年にナチスにより破壊された町なのですが、その後フィンランドの建築家「アルヴァ・アアルト」により近代的に再建されました。フィンランド好きの方はご存知の方も多いですよね。アアルトのモダンなデザインは世界的にとても有名です。

 

 

ヘルシンキからのアクセスは、寝台列車”サンタクロース・エクスプレス”か飛行機です。車という手段もありますが、距離があるので記載しません。

 

 

アクセスに関しては別記事にしているので、こちらからどうぞ♫

 

 

 

サンタクロース村”Santa Claus Village”

 

サンタクロース村はロヴァニエミ中心部から8kmのところにあります。

詳しいアクセス方法については別記事でご覧ください。

 

 

サンタクロース村へのアクセス♫

 

 

★サンタクロース村(Santa Claus Village)

【住所】Tähtikuja 196930 Napapiiri (Arctic Circle) Finland

【営業時間】季節により変動

《1~5月、9~11月》10:00-17:00 

《6~8月》9:00-18:00

《12月》9:00-19:00

【定休日】なし

 

 

 

北極圏の入り口!村内には北極線がある!

ロヴァニエミは北極圏の入り口の町なのですが、

 

 

その境界線である北極線がサンタクロース村を通過しているんです!

 

 

 

 

こちらがその北極線(Arctic Circle)です。

 

雪が積もっていて見えないのですが、雪の下には北極線のラインが引かれています。写真の右側が北極圏です。国境を越えるように、このラインはとても人気があります。サンタクロース村は一年中営業しているので、季節によって見え方が違って楽しいかもしれません。

 

ここまでくると疑問に思えてくるのが北極圏です。

北極圏ってなんでしょうか?

 

 

北極圏とは北緯66度33分以北のことをいいます。

 

具体的にはフィンランド、スウェーデン、ノルウェー、ロシア、カナダ、アメリカをはじめとした北にある国がそのエリアに属しています。その国々の中でも北緯66度33分より北に位置しているエリアが北極圏になるのです。その限界線にあたるのが北極線です。

 

北極線とは北緯66度33分線のことです。

 

 

 

 

サンタクロース村はちょうどその北極線上に作られています。これはインフォメーションの前に引かれた北極線です。屋内にも北極線が引かれているんです。

 

 

インフォメーションで”北極圏到達証明書”を発行してもらえる!

 

インフォメーションでは北極圏到達証明書€4.2で発行してもらうことができます。日本語、英語、フィンランド語などがありました。私はフィンランド語にしました。画像では消していますが、証明書の上の部分には名前を書いてもらえました。以前はパスポートに北極圏記念のスタンプを押してもらえたようなのですが、現在はパスポートへの押印は廃止されたようです。私が行った2018年現在はインフォメーションでそのサービスはしていたのですが、パスポート以外のものにしか押印できないと言われました。

 

しかし、その後に訪れた友人はパスポートに押印してもらえていたので、担当者によるのかもしれません。詳細はよくわかりませんので、パスポートに押してもらいたい方はその場で聞いてみるといいかもしれません。

 

 

サンタさんには会える?写真は撮れる?

  

 

こちらがサンタクロース・オフィスです。

 

 

この中にサンタさんと写真撮影ができる部屋があります。これを目的に訪れることも多いのではないでしょうか。私自身はその撮影にあまり興味はなかったのですが、一応立ち寄ってみました。

想像通り、ここは長蛇の列ができていました。その列の脇にはサンタさんと撮影した世界中の人々の写真が飾られていました。しかし、ここはあくまでもアミューズメントパークでしかありません。本物らしいサンタさんがいるわけではないのです。日本には毎年、冬になるとフィンランドからサンタさんがやってきます。ニュースでもよく取り上げられていますよね。ここで会えるサンタさんもそんな感じなんです。

 

自分のカメラで撮影することはもちろんできません!あくまでも撮影してもらった写真を購入する形です。写真としてだけではなく、データとしても購入できるのですが、その値段は安くないです。公式HPにも値段が書いてない上に、私自身もそれは忘れてしまいましたがとにかく高いです!それでも撮りたい方はいいと思いますが、個人的にはオススメしません。

 

 

 

マリメッコのアウトレットが安い!フィンランド内でも穴場!

 

村内にはレストラン、カフェ、お土産屋さん、フィンランドのブランドのアウトレットなどがあります。

 

 

マリメッコとイッタラのアウトレットは、ヘルシンキと比べてとても安かったです。マリメッコのアウトレットはフィンランド内にいくつかありますが、安くなっている商品がお店によって違います。値段的にいいなと思うものがあったら、その場で買うのがオススメです。

 

また、どちらのブランドもアウトレットだけではなく、通常のお店も併設しています。ヘルシンキでは手に入らないものがここでは買えたりするのでとてもオススメです。

 

 

★マリメッコ Marimekko Outlet Napapiiri & Napapiiri

【電話番号】+358 50 407 1440

【営業時間】10:00-18:00

 

★イッタラ Iittala outlet Napapiiri

【電話番号】+ 358 20 439 3572

 

 

また、フィンランドのお土産やクリスマス用品のお店もたくさんあります。サンタクロース村はどちらかというと、お買い物スポットのイメージがあります。私自身は移動が多い旅だったこともあり、ここでは何も書いませんでした。唯一迷ったのはマリメッコ製品だけで、他に惹かれるものもなかったからです。

フィンランドは物価がとても高い国なので、クリスマス用品も決して安くはありません。そこまで特別なものが売っている感じでもなかったです。

 

レストランやカフェはどう?フィンランド料理は食べられる?

レストランはというと、私が行った当時はあまり惹かれるようなお店はありませんでした。サンタクロース村って日本でいう田舎の廃れたアミューズメントパークという感じなんです。ナーンタリにあるムーミンワールドもそうなのですが、そういうアミューズメント施設があまり得意ではない国だなという感じがしました。

 

本当はおいしいフィンランド料理を食べたかったのですが、あまり惹かれるお店がありませんでした。そこで入ったのがごく普通のハンバーガー屋さんです。それがSanta’s Pizza & Burgerです。

 

ふつうのハンバーガーのメニューもあったのですが、北欧料理が食べたかったのでミートボールにしました。フィンランド料理で有名なもののひとつにミートボールがあります。ミートボールの下に決まってついているのが、マッシュポテトです。フィンランドではお馴染みのメニューですよね。

 

 

個人的な意見でいうと、こちらでご飯を食べるよりも市内で食べた方がおいしいものが食べられると思います。ここはあくまでもアミューズメントパークです。

 

 

いろいろなアクティビティがある!

 

村内にはさまざまなアクティビティがあります。

 

 

こちらは人気のトナカイのソリ(Santa Claus Reindeer)です。

 

フィンランドといえばトナカイですよね。こちらではそのソリに乗ることができるんです。値段はコースによって違います。村内のコースは短いサークルを一周するものです。料金が高いので乗っている人はあまりいませんでした。

 

料金を見て分かる通り、決して安くはありません。5分しか乗れないコースは園内のサークルを一周するだけの短いコースです。日本でいう牧場でポニーに乗るような感じです。本気で乗りたいなら、森の中にいく長時間コースを選んだ方が楽しめると思います。

 

ただし、フィンランドの冬はとても寒いです。完全防備をしていかないととても寒いと思います。

 

 

トナカイのソリ(Santa Claus Reindeer)

Reindeer Path

 《時間》5分

 《料金》大人€18/子供€14

Forest Path

 《時間》15分

 《料金》大人€29/子供€23

Winter Adventure

 《時間》35分

 《料金》大人€70/子供

 

 

 

 

サンタさんの消印が押してもらえる!

 

 

村内にはサンタさんの郵便局(Santa Claus Main Post Office)があります。

 

 

ここから手紙を投函するとサンタさんの消印を押してもらうことができます。手紙は通常配送かクリスマス配送の2種類から選ぶことができます。通常配送だとトナカイの消印当日配送だとサンタさんの消印が押してもらえます。ポストオフィスのレジのところでお姉さんが消印のスタンプを押しているところを見ることができます。

 

 

 

ポストは2種類あります。こちらは通常配送のポストです。

 

クリスマス当日に届いてほしい場合は赤いポストに投函します。

 

 

また、サンタさんにお手紙を届けることもできるそうです。申し込みをするとサンタさんからお返事もくるそうです。

 

 

真冬の北極圏ってどのぐらい寒い?気温は?

 

真冬は極寒の地とされる北極圏ですが、実際にはどれくらいなのでしょうか。

訪れたのは2月中旬で日中の気温は氷点下15度。

 

 

この時期は例年に比べて暖かい日が続いていたので、日中でもこれぐらいの寒さにしかなりませんでした。通常は寒い日だと氷点下20度以下になるそうです。

その寒さなので防寒対策が必要になります。私はオーロラ目的で訪れたのでボードのウエアと登山用のハードシェル、登山用のフリースを持参しました。ボードのウエアはあまり着ませんでしたが、登山ウエアは毎日着ました。日本の冬の感覚でいくととても寒いので、防寒対策は必須です。オーロラツアーに参加する場合は、さらに必要になります。

 

 

所要時間は?ロヴァニエミの過ごし方は?

 

ここまでく来ると気になるのは所要時間だと思います。ここでは実際にそんなにやることはありません。サンタさんと写真を撮りたい場合は並ぶ時間があるので、半日ぐらい必要だと思います。

 

写真を撮らない場合は2時間もあれば十分だと思います。

 

 

私はもともとフィンランドが好きで、何度も訪れている根っからのフィンランド好きです。そのため、いつどの街に訪れても楽しむことができます。しかし、フィンランドにそこまで興味がなくて、この村を目的にフィンランド旅行をするというのであればあまりオススメはしません。

他にも目的を持って行かないと物足りない旅になること間違いないからです。ロヴァニエミは小さな町です。オーロラツアーに参加しない限りはこの街に数日滞在してもやることはありません。夏は特にないのではないかと思います。参考までにお伝えすると私自身は、ロヴァニエミには1泊しかしていません。それで十分です。

 

 

 

 

tomo

旅と登山が好きです。以前は旅の方が好きでしたが、今は山中心の生活をしています。晴れた週末は基本的に山にいます。百名山を踏破するのが目標です。旅ではヨーロッパに行くことが多く、今まで16か国に訪れました。

あわせて読みたい