【東京から日帰り登山】紅葉もきれいな鍋割山の鍋焼きうどんは絶品だった!難易度は?

秋に行きたくなる山のひとつに丹沢の鍋割山があります。どの季節に行っても景色はきれいなのですが、この山での一番の楽しみは鍋焼きうどんなのです。

入り口にある看板です。

丹沢は水場がないイメージがありますが、大倉ルートは水場が多いです。

私は奥多摩が好きなのですが、それは水場が多く美しいからです。ここも水場がとても多いです。

秋に訪れたのですが、夏場もとても心地よい場所でしょう。山に登らず、水遊びも楽しそうです。

11月上旬でしたが、紅葉が始まっていました。丹沢は標高が低いので、この時期でも安心して登ることができます。

川や滝が本当に多いです。山登りをやめられない理由のひとつです。

神奈川にあり、都市部からとても近いのにこの美しさです。日帰り登山にはもってこいの場所です。

完全に色付いているのもいいですが、緑とのコラボレーションもとても素敵です。空の青さといい、写真だと季節がわからなくなります。

とても整備されている山です。塔ノ岳もそうですが木の階段が多いです。歩幅に合わない木の階段は苦手なのですが、足場が悪くないことは確かです。

どこまでも続いています。それでも、階段地獄の塔ノ岳ほどではありません。

頂上に近い場所は黄色くなっていました。季節の美しさを感じます。

頂上には鍋割山荘があります。宿泊することのできる山小屋です。鍋割山は日帰りで行くことのできる山なので、ここに泊まる人はあまりいないでしょう。

この鍋割山荘で鍋焼きうどんを食べられるのです。登山というとヤマメシをする人も多いのですが、ここは違います。ほとんどの人がうどんを食べています。

有名なうどんなだけあって、これを食べるのは長蛇の列です。注文する場所がとても狭い山荘の中で、待つのも山荘内なので、そこがとても大変なところです。もっと効率のいい方法はあると思うのですが、そういう仕組みで長年やっているのでしょうね。短気な方はこれを食べることを諦めてしまうと思います。実際に怒っている方もいました。

この日は30分ぐらい待ちましたうどんを食べたい方は、この待ち時間も考慮して登らなくてはなりません。うどん待ちでかなり時間を取られてしまうので、早めに登らないと危険です。秋に行く場合は日没が早いので注意が必要です。

鍋焼きうどんは濃いめの味付けでとても美味しかったです。また食べたい味でした。標高が低い山なので、このために頑張ったと言えるほどきついコースではないのですが、登った甲斐がありました。鍋焼きうどんは1000円でした。

頂上からの景色はそこまでよくありません。木々が多いので周囲が開けていないんです。

うどんは外で食べます。みなさん足の上にのせて食べていました。

11月なのに日差しが強く見えます。標高が低いからでしょう。

水があるととても癒されます。

“山はいつも思わせぶり”という言葉を登山仲間と作りましたが、鍋割山もその通りです。そろそろかなと思ってもなかなか頂上に到達しません。それでも、階段地獄の塔ノ岳と比べると登りやすい山です。初級というほど楽ではない山ですが、子連れでも登ることが可能な山です。頂上の景観は良くはありませんが、鍋焼きうどんはとても美味しいのでオススメの山です。秋だけじゃなく、他の季節に行くのもオススメです。

 

アクセス


小田急線渋沢駅下車。駅前のバス停から大倉までバスで約15分。大倉バス停からは、塔ノ岳と鍋割山コースに分かれているので、どちらの山も大倉ルートから行くことが可能。

 

鍋割山荘の詳細は下記にてご覧下さい。

 

 

鍋割山


標高:1,272 m

累計標高差:1,529 m

難易度:中級★★★☆☆

歩行時間:大倉ルート/6時間半

ヤマスタ:有り(丹沢8座・山グルメ)

 

 

 

にほんブログ村 アウトドアブログ 女性登山者・山ガールへ
にほんブログ村

 

tomo

訪れた国は16カ国(ヶ所)。ヨーロッパを中心に旅をしています。日本国内は31都府県に訪れました。登山も趣味で東京近郊の山を登っています。登山歴は4年目です。

あわせて読みたい