【フィンランド観光】アクセスがいい!ヘルシンキのホテル!”スカンディック・シモンケンタ(Scandic Simonkentta)”朝食がおいしい!

北欧が好きでフィンランドには3度訪れています。フィンランドでは、ナーンタリ、トゥルク、ヘルシンキ、ロヴァニエミ、サーリセルカと他都市を渡り歩いています。そんな私ですが、ヘルシンキではいつも同じホテルに滞在しています。それがスカンディック・シモンケンタ(Scandic Simonkentta)です。

 

 

中央駅から歩いて行ける!すぐ隣にはカンピ駅!

このホテルの良さはアクセスです。ヘルシンキ中央駅とカンピ駅(Kamppi)の間にあります。以前記事にした通り、ヘルシンキのヴァンター空港〜中央駅まではフィンエアーバスで行くことができます。そのバスターミナルが中央駅にあるのです。そこから徒歩で数分というところにホテルがあります。そのため、バスを降りたら徒歩でホテルまで行くことができます。

 

ヘルシンキ市内はとても狭いので、私はいつもトラムは使いません。どこへでも歩いて行ける範囲内だからです。ですが、トラムを使いたいと言う場合でも、このホテルはとても便利です。ホテルの目の前がトラムの停留所なんです。

 

中央駅までのアクセスの記事はこちらから♫

 

 

 

 

すぐ隣のカンピ駅にスーパーがある!

このホテルをリピートしているもうひとつの理由がスーパーです。カンピ駅構内はショッピングセンター(Kamppi Helsinki)になっていて、その中にスーパーが入っています。私はいつもここのKスーパーマーケット(K-Supermarket)を利用しています。ショッピングセンターの中でも分かりやすい位置にあり、ここに行けば大抵のお土産は揃います。フィンランドで有名なファッツェルのチョコレートやマリメッコのペーパーナプキン、いつも必ず購入するハンドソープなどは毎回ここで買います。

【K-Supermarket・Kamppi】

営業時間

・平日:6:30-22:00/土曜:7:00-22:00/日曜:10:00-22:00

(フィンランドではお酒の販売は21時までです。それ以降になるとお酒は、布などで覆われて買えません。)

 

詳しい情報はこちらから

 

 

とてもモダンな大型のホテル!

この時は1人で宿泊したのですが、ツインのお部屋でした。

 

こちらもツインですが、こちらの方が広いお部屋です。(この写真はけっこう昔のものになります。)何度も滞在しているため、最近では写真を撮らなくなりました。最新のデータは公式サイトなどでご覧ください。全体的にモダンでとても使いやすいお部屋です。

 

ホテル内にはレストラン、ジム、サウナなどが大型ホテルにあるものは何でも揃っています。フロント前には売店のような場所もありますが、近くにスーパーがあるため使用したことはありません。

 

 

とても便利なバゲージルームがある!

また、フロントの隣にはバゲージルームがあります。フロントで荷物を預けたいとお願いすると、そのお部屋のドアを自動で開けてくれます。3畳程度の広さなのですが、そこに自由に荷物を置いていく仕組みになります。オートロックになっているので一度ドアが閉まると開きません。その部屋に入りたい時はフロントで開けてもらう必要があります。(フロント内のボタンひとつで開きます。)

写真がないのでうまく伝えられませんが、海外のホテルであそこまで大きいバゲージルームは、他では見たことがありません。それぐらいとても便利なシステムなんです。

 

 

朝食も美味しい!メニューが豊富!

残念ながら、朝食会場などの写真もありません。会場もモダンでとても素敵です。メニューもとても豊富です。私はフィンランドでは毎回食べるものが決まっています。写真中央のニシンのマスタード漬けです。どのホテルでも必ずあるメニューです。

 

こちらは他の日ですが、同じメニューしか食べていないようです。実際にはいろいろなメニューがあります。

 

 

個人的にフィンランドが好きなので、今後も何度も行くと思いますが、このホテル意外に泊まる気はありません。アクセス抜群で、隣にはスーパーがあり、朝ごはんが美味しい。荷物も預けやすく、ホテル前にはいつもタクシーが停まっています。すべてにおいて満足できるホテルです。初めてのヘルシンキの方には特にオススメのホテルです。

 

 

スカンディック・シモンケンタ(Scandic Simonkentta


住所:Simonkatu 9, 00100 Helsinki,

電話番号:+358 9 68 380

チェックイン:15:00~

チェックアウト:~12:00

 

 

 

 

tomo

旅と登山が好きです。以前は旅の方が好きでしたが、今は山中心の生活をしています。晴れた週末は基本的に山にいます。百名山を踏破するのが目標です。旅ではヨーロッパに行くことが多く、今まで16か国に訪れました。

あわせて読みたい