【フィンランドでオーロラ鑑賞】ホリデイ・クラブ・サーリセルカはどんなホテル?気温は?

サーリセルカはとても小さな町です。ホテルは数えるほどしかありません。長距離バスは各ホテル前に停車します。そのひとつがホリデイ・クラブ・サーリセルカ(Holiday Club Saariselkä)です。ロヴァニエミ発の長距離バスは、リエコンリンナ、トゥントゥリ、ホリデイ・クラブ・サーリセルカの3つのホテル前に停車します。

 

フィンランド国内のバスの詳細については別記事でご覧ください。また、MATKAHUOLTOのサイトで検索することができます。

 

海外はどこでもそうですが、アメニティは必要最低限しかありませんでした。ウィンターリゾート地なので、部屋にはスキーやスノーボードを置くスペースもありました。

 

私がフィンランドを訪れたのは2月中旬でしたが、暖かい日が続いている時期でもありました。サーリセルカは真冬は−20度ぐらいになるそうですが、この日も暖かかったです。個人的には少し残念でした。

 

ホテル内にはレストランがあります。この日は移動で疲れたのでホテル内のレストランでご飯を食べました。フィンランドビールとトナカイの煮込み料理です。トナカイの煮込みはどのお店で食べてもこのような形ででます。マッシュポテトの上にトナカイの肉がのっていて、ベリーのソースが添えられています。トナカイのお肉はラムのように臭みが非常にあるので、好みは別れると思います。

 


ホテルには朝食がついていました。フィンランド料理であるミートボール、ニシンの酢漬け、カレリアパイ、ライ麦パンなどがありました。フルーツや野菜なども充実していて、とても美味しかったです。そして、北欧といえばベリーのジュースですが、こちらにもありました。酸味のある味がスッキリしていて美味しいです。

 

フィンランドや北欧諸国はデザインの国です。どこに行ってもとてもオシャレです。日本の地方のホテルでは考えられないデザインですよね。暖炉もありました。本物の暖炉はとても暖かいです。

 

tomo

訪れた国は16カ国(ヶ所)。ヨーロッパを中心に旅をしています。日本国内は31都府県に訪れました。登山も趣味で東京近郊の山を登っています。登山歴は4年目です。

あわせて読みたい