【オーストラリア】《フライト》羽田・成田からシドニーへの直行便!航空会社はどこ?LCCで行ける?

日本からシドニーへの直行便は、日本航空(JAL)、全日空(ANA)、カンタス航空から出ています。シドニーへはアジア各国での乗り継ぎや、他都市まで他路線で行き、オーストラリア国内での乗り継ぎでも行くことができます。

 

また、羽田空港は2020年3月よりターミナルの名称が変わります。それに伴い、航空会社やフライトによってターミナルが変わることになるそうです。今までの国際線ターミナルは第3ターミナルになり、第2ターミナルでも国際線の運行が始まります。第2ターミナルでの国際線の運行は、2020年3月29日からとなります。

 

そして、ターミナルの名称変更に伴い、東京モノレールと京急線の駅名の名称も変更となります。

 

日本航空(JAL) 

JALのシドニー便は、成田空港から1日1便でています。

 

【便名】JL771

【出発/到着】19:00-翌6:50 (2020年1月現在)

【飛行時間】9:50

【出発空港】成田空港・第2ターミナル

【到着空港】シドニー国際空港・ターミナル1

【使用機材】B789

 (出典:成田空港)

JALのチェックインカウンターは、第2ターミナルK L M O P Qになります。

 

全日空(ANA)

ANAは羽田空港から1日1便でています。

 

【便名】NH879

【出発/到着】22:20-翌9:55 (2020年1月現在)

【飛行時間】9:35

【出発空港】羽田空港・国際線ターミナル(2020年3月より名称が変わります)

【到着空港】シドニー国際空港・ターミナル1

【使用機材】B789

 

 

 

カンタス航空

カンタス空港は羽田空港から1日1便でています。

 

【便名】QF26

【出発/到着】22:00-翌09:35 (2020年1月現在)

【飛行時間】9:35

【出発空港】羽田空港・国際線ターミナル(2020年3月より名称が変わります)

【到着空港】シドニー国際空港・ターミナル1

【使用機材】B747

 

国際線と国内線でターミナルが変わるため、乗り継ぎがある場合は2時間は余裕を持った方がいいです。シドニー空港はオーストラリア国内で最大の空港と言われています。そのため利用者もとても多いです。また、国土が日本の20倍あるオーストラリアなので、乗り継ぎや国内線の利用者もとても多いです。

となります。

 

 

LCCでシドニーに行ける?

LCCの中では日本でも有名なのがジェットスター航空です。ジェットスターはカンタス航空の子会社です。そう聞くとオーストラリアへの直行便がたくさん出ているイメージがあるのですが、成田からシドニーへの直行便はありません成田からオーストラリアへの直行便は、ケアンズとゴールドコーストのみ就航しています。どちらも成田からは1日1便です。なのでジェットスターでシドニーに行くためには、どちらかの空港で乗り継ぎが必要となります。

 

ケアンズ(CNS)

【便名】JQ26

【出発/到着】20:10-04:40 (2020年1月現在)

【飛行時間】7:30

【出発空港】成田空港・第3ターミナル

【到着空港】ケアンズ国際空港 (Cairns Airport)

【使用機材】B787

 

ゴールドコースト(OOL)

【便名】JQ 12

【出発/到着】20:55-06:55 (2020年1月現在)

【飛行時間】9:00

【出発空港】成田空港・第3ターミナル

【到着空港】 ゴールドコースト空港 (Gold Coast Airport)

【使用機材】B787

 

 

シドニー国際空港 (Sydney Kingsford Smith Airport)

シドニー国際空港にはターミナルが3つあります。

ターミナル1 (国際線)
・ターミナル2 (国内線・カンタス航空以外)
・ターミナル3 (国内線・カンタス航空のみ)

 

国際線と国内線でターミナルが変わるため、乗り継ぎがある場合は2時間は余裕を持った方がいいです。シドニー空港はオーストラリア国内で最大の空港と言われています。そのため利用者もとても多いです。また、国土が日本の20倍あるオーストラリアなので、乗り継ぎや国内線の利用者もとても多いです。

 

 

乗り継ぎ便に関しては別記事にします♫

 

 

 

  

tomo

旅と登山が好きです。以前は旅の方が好きでしたが、今は山中心の生活をしています。晴れた週末は基本的に山にいます。百名山を踏破するのが目標です。旅ではヨーロッパに行くことが多く、今まで16か国に訪れました。

あわせて読みたい